トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高額療養費制度の限度額

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額療養費制度の限度額

高額療養費制度を利用する時に限度額はあるのですか?限度額はいくらですか?



  

高額療養費制度の限度額は、所得によって違います



高額医療の限度額は、複雑です
所得によって、3段階に分かれています
 ●上位所得者・・・基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯
 ●一般・・・上位所得者以外で住民税を払っている世帯
 ●住民税非課税世帯


この3段階ごとに高額療養費の限度額が決まっています
 ●上位所得者・・・150,000円
  さらに実際にかかった医療費が50万円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
 ●一般・・・80,100円
  さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
 ●住民税非課税世帯・・・35,400円


12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、限度額が次のように変わります
 ●上位所得者・・・83,400円
 ●一般・・・44,400円
 ●住民税非課税世帯・・・24,600円


70歳以上の場合は、次の様な分類になります
 ●現役並み所得者・・・月収28万以上、課税所得145万以上
 ●一般・・・現役並み所得者以外
 ●低所得・・・住民税非課税
 ●低所得者・・・住民税非課税、さらに年金収入が80万以下


70歳以上の限度額
 ●現役並み所得者・・・80,100円
  さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算(外来は44,400円)
  12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、44,400円になります
 ●一般・・・44,400円(外来は12,000円)
 ●低所得・・・24,600円(外来は8,000円)
 ●低所得者・・・15,000円(外来は8,000円)


自分がどのランクか分からない場合は、保険組合の窓口で確認するようにしてください


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.