トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 健康保険に加入して受けられるもの

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  健康保険に加入して受けられるもの

普段、病院に行って治療を受けた時には、言われたまま費用を払っています これ以外に健康保険に加入している事によって費用負担が軽くなる事はあるのでしょうか?


  

日本の健康保険制度では、国民全員が何らかの保険に加入することが義務付けられています 健康保険に加入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、健康保険によってどのような給付が受けられるのかを整理してみます 私達が病院にかかると、診察や治療を受けたり、薬を出してもらったりします これを『療養の給付』といいます 健康保険に入っているということは、医療費にかかる自己負担額は決められた負担のみで良いという事になります この自己負担額が一定額以上になった場合に、高額療養費制度によって還付を受けることができます 自己負担の限度額は、所得によって決まっていて、この限度額を超えた分について高額療養費として還付されます 出産や美容整形などの自費扱いの行為では、高額療養費制度は適用されません ただし、出産でも帝王切開の様に手術行為が行われた場合には、高額療養費制度が受けられます また健康保険加入者は、入院した時の食事代は『入院時食事療養費』、病気や怪我で会社を休んだ時には『傷病手当金』、出産した時は『出産育児一時金』などが受けられます 該当している方には、保険者(社会保険事務所や自治体)から、還付の通知が来る場合もあるようです しかし、自分で申請をしないともらえないケースもありますので、該当しそうな時は、よく調べてみる事が必要です 会社勤めの方は、会社の健康保険組合に聞くのがベストです せっかく、毎月保険料を支払っているのですから、確実に受け取れる様にしましょう



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.