トップイメージ

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  不妊治療に関する高額医療

不妊治療はお金がかかるそうですが、高額療養費制度の対象ですか?


  

自分の赤ちゃんを抱っこしたい、と願って不妊治療を受けている人たちがたくさんいます
結婚して2年以上経っても妊娠出来ない状態を不妊といいます


不妊治療は、お金がかかりますし、精神的・肉体的な負担もとても大きいものです
初診・再診・一般不妊治療は保険対象となりますが、高額療養費を必要とする多くの治療は保険が適用されません
体外受精や顕微受精は保険が適用されません
これらの1回の治療費は、20万円以上となりますので、保険が適用されないと、その負担はかなり厳しいですね


保険適用でないという事は、もちろん高額療養費請求が出来ないという事です


しかし現在では、これらの特定不妊治療の費用を、一部助成してくれる制度ができました
次の条件を満たす必要があります
 ・特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないと医師に診断された法律上の夫婦
 ・助成してくれる自治体にすんでいること
 ・知事が指定する医療機関で治療を受けて終了していること
 ・夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満であること
 ・同年度に、2回以上、他県等で実施する特定不妊治療費助成を受けていないこと


これらの条件を満たすと、1年あたり治療1回につき助成金が10万円を限度として2回まで、通算5年間支給されます


しかし出来れば、不妊治療の全てが保険適用になることを望みます
そうすれば、高額療養費として還付してもらうこともできますから、金銭的負担が減り、より多くの方々が不妊治療を受けることが出来ます




サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.