トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高額医療貸付制度と委任払い

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額医療貸付制度と委任払いについて

高額療養費制度を利用して後日お金が戻ってくるとしても、高額すぎてとりあえず自分で払う事ができません
直接病院へ支払ってもらう事はできませんか?


  

どのような病気でも、入院となると費用は通院と比べてかなり高額になります
後で申請すれば戻ってくるという高額療養費も、後から貰えるなら最初から差し引いてくれれば良い・・・と感じますよね


このような悩みを解決する為の制度があります
それが『高額医療貸付制度』です
これは、健康保険に加入している人であれば、誰でも利用できます
ただ、組合や共済保険は適用になりません
高額医療貸付制度とは、高額療養費制度による返還見込み額の8〜9割を無利子で貸して貰えるという制度です
入院費用にかかった金額は、病院が診療報酬明細書を作成してから決定されます
この審査が通るのが約3ヵ月程かかります
従ってその後に貸付金の精算が行われます
精算後、足りない分を支払うか、余った分が振り込まれる仕組みです


また、国民健康保険に加入している方には、『高額療養費の委任払い』という制度もあります
これは、限度額の支払いだけすれば、高額療養費分は国民健康保険を管轄している市町村が支払ってくれるという仕組みです
しかし、これは病院と市町村の契約がされている事が前提なので、事前に自治体に問い合わせてみて下さい


医療費の心配をしていては、十分な治療を受けることはできませんね
万一、入院するような事があったら、この制度がある事を思い出してください


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.