トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 医療費控除

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額医療費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  医療費控除

確定申告で医療費控除を申告すると、税金が控除されることはご存知だと思います。
手続きが面倒だからと言って申告していない人も多いのではないでしょうか。

医療費控除については平成29年度から提出書類が簡略化されました。
それまで必要だった「医療費の領収書」が不要となり、その代わりに、健康保険組合から送られてくる「医療費通知(医療費のお知らせなど)」で深刻ができるようになりました。
「医療費通知」に記載された医療費の合計額を医療費控除の明細書に記載します。

また、ざわざわ税務署へ行かなくても家にあるパソコンから確定申告が出来ます。
特別な機械やソフトも必要なく、指示に従って入力し、必要書類をPDFにし、税務署に郵送するのが一番簡単ですよ。

なお、医療費控除については、1年間に支払った医療費が10万円以上の場合に有効になります。
また、5年間は有効ですので、申告を忘れても5年以内なら可能です。



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.