トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 70歳以上の自己負担額上限

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額医療費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  70歳以上の自己負担額上限

70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わりました。
70歳以上の方の高額療養費は所得によって自己負担限度額が違います。
@現役並み所得者
A一般所得者
B低所得者
の3種類に分かれています。

@現役並み所得者とは、標準報酬月額28万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方のことです。
この方は、外来の自己負担限度額が、今まで44,400円だったのが57,600円に引き上げられました。

B低所得者とは、住民税が非課税か、所得が無い方です。
この方は、変更ありません。

A一般所得者とは、@でもBでもない方です。
この方は、外来の自己負担限度額が、今まで12,000円だったのが14,000円に引き上げられました。

この金額は個人ごとの外来についてです。


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.