トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 時効について

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額医療の時効について

高額な医療費を支払ったあとに、高額療養費制度を利用できる期間は決まっているのですか?
高額療養費制度に時効はあるのですか?



  

医療費の計算は、とても複雑で難しく感じますね
治療や薬は、点数による計算になっていますし、高額療養費は、月単位・診療科単位などで算して申請しなくてはなりません
さらに、保険適用外のものは、合算する事が出来ないとか、いろいろな規定もあります


以前に、高額な医療費を支払ったけれども、高額療養費制度に該当するかどうか分からないので、そのままにしている方はいませんか?
高額療養費制度に限らず、保険料の徴収や還付には、時効というものが存在します
失効までの期限は、2年と短いです


高額療養費制度に関して詳しくいえば、「診療を受けた月の翌月1日」から2年間に限り有効です
ただし、診療費を診療月の翌月以降に支払った場合は、「支払った翌日」から2年間となります
この期間を過ぎた場合は、時効によって高額療養費制度によって還付してもらえる権利が無くなります


高額療養費以外にも保険料から還付されるものがあります
出産手当金・出産育児一時金・療養費・傷病手当金・埋葬料・埋葬費・移送費です
時効はすべて2年間で、時効の起算日についても、それぞれ規定があります


高額療養費還付の申請をし忘れている覚えがあるならば、まだ間に合うかもしれません
治療にかかった領収書を持って、社会保険事務所や自治体に相談してみて下さい
もしかしたら、お金が戻ってくるかも知れませんよ



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.