トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高額医療は診療科毎に算出

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額医療は診療科毎に算出

病院で払った費用は、全て高額療養費制度の対象になるのですか?
複数の診療科で受診した場合でも大丈夫ですか?


  

高額療養費は、診療科毎に算出する必要があります
例えば、内科と歯科にかかれば、それぞれに個別に算出しなくてはなりません


それぞれの診療科で、高額療養費制度が適用されるものとそうでないものがあります
例えば形成外科の場合、漏斗胸の手術や乳母再建の手術などは適用できます
また整形外科ならば、人工関節の手術や椎間板ヘルニア治療は適用されます
歯科には、自由診療といわれる治療法があります(要注意)
自由診療を選んだ場合、何十万円という金額が必要となる場合があります
高額でも、自由診療は保険適用外ですから、高額医療は適用されません
しかし、医療費控除の対象にはなります


また、眼科のレーシック手術ですが、この手術によってメガネやコンタクトといった煩わしさから解消されると言う事で話題になっていますね
しかし、これも保険適用外の手術なので、高額療養費制度の対象外になります


自分や家族が受けようとしている手術に関して、保険適用範囲かどうかは病院側から説明があるはずですが、無関心な方が多いようです
入院代や治療費を払ってから、制度は知っているのに、手続きが面倒そうだとさじを投げてしまう方もいらっしゃるようです

高額医療が無理でも、医療費控除を受けることは可能である場合が多いです
一度調べてみたらいかがでしょうか
とにかく病院にかかった時は、治療にかかった領収書や通院に使ったタクシーの領収書等は、保管しておくと良いでしょう


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.