トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高額療養費の計算方法

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額療養費の計算方法について

高額療養費制度を利用しようとした場合、どのように計算したら良いでしょうか?


  

高額療養費制度の計算方法について、70歳未満の例で見てみましょう
仮に70歳未満の方が、入院して1ヶ月に100万円の医療費がかかったとします
高額療養費制度を利用しないと、自己負担が3割になりますから、30万円の個人負担になります
これだけの金額を用意するのは、かなりの負担になってしまいます
しかし、高額療養費制度を利用すれば、この負担をかなり減らすことができるのです


高額医療の算出方法は、次のような計算式で算出します
まず、自分の負担金の限度額がいくらになるかを計算します


一般的な所得についてみてみます
負担金の限度額は、『80,100円+(医療費−267,000円)×1%』という計算式を使います
ですからこの例の場合は、80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%=87,430円となります
この87,430円が負担金の限度額です
負担分の3割分からこの限度額を差し引いた分が高額療養費ですので、300,000円−87,430円=212,570円となり、
この212,570円が高額療養費として、戻ってくるという事になります


比較的簡単な計算で算出出来ますね
30万円を支払った後に、申請をして212,570円を還付してもらう事もできますし、
入院が決まった時点で申請をして87,430円の支払いで済ますことも出来ます
どちらかを選べるというわけです


もちろん、この計算式は所得によって違いますし、70歳以上の方の場合も変わってきます
利用の際には、病院の相談窓口や、加入している健康保険組合で、相談してみて下さい


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.