トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高額なコルセット

高額療養費が必要になるのは、入院や通院の治療だけではありません。
例えば、整形外科で作ってもらうコルセットはかなり高額といえます。

コルセットが必要になった場合で、一般的なコルセットが合わない場合は、オーダーメイドのコルセットを作成する時があります。
この場合、かなり高額になります。
患者さんの多くは、この金額を聞くとオーダーメイドのコルセットは無理かなと思うようです。

しかし、この様な場合には、代金を支払った後に健康保険の給付を受けることが出来るのです。
まず最初にコルセットを作成した医療機関で医師に同意書または証明書を書いてもらってください。
この同意書・証明書・支払った領収書・保険証・印鑑・通帳を持って、健康保険の窓口へ行きます。
国民健康保険なら自治体の窓口へ、社会保険なら社会保険事務所へ行きます。
ここの審査が通ると、3割負担であれば7割分が支給されるのです。
つまり、普通の健康保険診療を同じように3割負担となります。

たかがコルセットと思われるかもしれませんが、骨が歪むと、ひどい痛みがあります。
一般のコルセットを合わないのに無理にしていても、効果はあまりありません。
保険適用の金額で、自分にピッタリのコルセットが作れるのですから、ぜひオーダーメイドしましょう。
イザと言うときのために覚えておいてください。



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.