トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 医療費控除との違い

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額療養費の申請

1年間の医療費の合計が10万以上あれば、高額療養費として申請できますか?


  

この質問をされた方は、高額医療と医療費控除を勘違いされているようです
こういう方が多い様に感じます


高額療養費というのは、自分が加入している健康保険の組合へ申請するものです
保険証に記載してある保険者が管轄となります
ですから、国民健康保険の方はご自分の市町村の役所へ、
社会健康保険の方は保険者となっている会社の健康保険組合か社会保険事務所へ、という事になります
また、対象となる医療費は、月別・病院別・診療科別・入院・通院別にそれぞれ計算する必要があります
さらに、保険適用外の費用は含まれませんので注意しましょう


医療費控除というのは、確定申告として税務署へ申請するものです
1年間で1世帯の医療費の支払いが10万円以上あった場合に、控除を申告することができます
1年間に受け取った医療機関の領収書を税務署へ提出することになります
医療費控除の場合は、保険適用外のものも含まれますし交通費(タクシー代等)も含まれます
ただし、給付金は医療費から差し引く対象となります
つまり、高額療養費制度で還付された分は、医療費から差し引く計算になります


実際に勘違いしている方の中には、高額療養費申請も年末にすれば良いと思っている方が多い様です
高額療養費は2年以内であれば申請出来ますが、申請先が違うために混乱してしまうようです
「医療費控除は税金」、「高額医療は保険」が還付されるものだと覚えておきましょう


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.