トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高齢者の医療保険

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高齢者の医療保険について

高齢者にとってただでさえ医療保険の仕組みが複雑な上に、老人保健や高額療養費など、難しくてよく分かりません
高齢者の高額療養費制度について教えてください


  

医療保険の仕組みは、本当に複雑ですね
何も知らずにいると、どんどん高額になる医療費に不安が増えるばかりか、損をする事にもなりかねません
日頃から医療保険の知識を蓄えておくことが必要ではないでしょうか?


2008年4月から老人保健制度が変わります
今までは70歳以上の場合は1割負担でしたが、70歳から74歳の人は2割負担に変更になるそうです
年齢を重ねれば重ねるほど、病気は治りにくくなります
医療費が高くなると、個人の負担も大きくなってしまいます
万が一、入院などによって高額な医療費が必要になった場合のことを考えると不安が大きくなりますね
このような時のためにある制度が、高額療養費制度です


高額療養費制度は、入院だけではなく外来にも適用されます
また、夫婦など同一世帯を合算して計算することも出来ます
高額医療は、決められた限度額を超えていないと請求することは出来ません


どのようなものか、高齢者の方の場合で見てみましょう
例えば、70歳以上の方が1ヶ月間のうち、外来で高額な医療費を支払ったとします
20000円支払ったとしましょう
この人を一般所得者とした場合、一人あたりの限度額は12000円です
従って、20000円−12000円=8000円が高額療養費となります
この場合、申請すれば高額療養費として8000円が支給されることになります


この限度額は、収入によって変わりますし、外来と入院でも金額が違ってきます
また、自分で申請しないと支給されないので、注意が必要です
高額療養費の申請は、自分が加入している健康保険証の発行機関に対して行います
国民健康保険の方は市町村の役所へ、社会保険の場合は社会保険事務所で、手続きをする事になります


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.