トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 制度の見直し案 2011/10/12

厚生労働省は10月12日に、高額療養費制度の見直し案を正式に提示しました
主旨は年収による区分を細分化して、低所得者の負担を抑えるというものです
そのために、外来患者は1回につき100円の一律負担を行うという「受診時定額負担制度」を導入するそうです
これによって、年間1300億円の財源を確保して、高額療養費制度の見直し後の財源とします



現在の高額療養費制度の区分では、年収が210万円から790万円までの間は一般所得者となっています
一般所得者は、自己負担の上限が、約8万100円です
今回の見直し案では、この区分を3つに細分化して上限額を変えるというものです



案としては、年収300万円以下(70歳未満)の場合は、自己負担の上限を4万4千円とするそうです
これにより、年収が比較的少ない人たちの負担を抑えることが出来るようになります



今回の見直し案の背景には、年々増えていく医療費があるわけですが、医療費全体と言うよりも、医療技術の進歩によって、非常に高額な治療が増えていると言う現実があります
今まで治らなかった病気も治るようになって来ましたが、高額の機器や薬を使用するわけですから、当然医療費も高くなるわけですね



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.