トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 民間保険も上手に利用しましょう

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  民間保険も上手に利用しましょう

高額療養費制度があれば、一定額以上の医療費は戻ってくるので、わざわざ民間の保険に入る必要は無いと思います そうではないのですか?


  

高額療養費制度は、高額な医療費を負担した場合に、1ヶ月単位で自己負担限度額を超えた分を払い戻される制度です
この制度を利用出来ると、例えば医療費の自己負担額が15万円だった場合、約6万円の高額療養費が還付されます
しかし入院になれば、保険適用分の治療や薬だけではなくて、保険適用外のものだけでも、高額な金額になってしまいます
しかも高額療養費は月単位で計算するので、入院・手術をしたのが月末だった場合などは、月をまたいで計算されることはないので、高額医療は全く戻らない事もあるのです


それならば、高額医療が戻ってくるように、入院や手術を月の初めにしたら良い・・・と、思ってしまいます
しかし、病気の状態や病院の都合もありますから、そんなに簡単には行きませんね


結局、病気になると結構なお金が必要になります
長期にわたって治療を続けなければならない様な病気の時には、薬も保険適用外のものに切り替えられる事もあります
種類にもよりますが、全額自己負担の薬は、とても高額で驚くほどです
これに切り替えると、貯金を切り崩しても足りなくなる事もあるそうです
高額療養費制度で還付されても、自己負担が厳しくて、金銭的にも精神的にも辛い日々になってしまいます


このような事態になる可能性もあるので、民間の保険に入っておくのも一つの方法です
どのような内容なのかを、しっかり調べて、自分のスタイルに合った保険を選ぶと良いでしょう



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.