トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 申請先

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  申請先

確定申告や年末調整・医療費控除・高額療養費など、色々な制度があって、どれがどこに申請するのかよく分かりません


  

知っている様でいて良く分からないのではないでしょうか

年末調整は、毎月の給料から支払っている源泉所得税に対して、実際の所得税との差額を精算してもらう為の申請です
また扶養家族の所得がある場合は、それも記入しなくてはなりません
加入している生命保険や損害保険などの保険料は、控除の対象になりますので、記入する必要があります
年末調整は、会社員が行うものであり、会社側が本人に代わって精算してくれるものです


確定申告とは、自営業者、給与所得者で年末調整を受けていない人が、自分で申告することをいいます
確定申告の対象者は、その年の収入に対する所得税の金額を計算して、地域の税務署に申告します


医療費控除は、確定申告の際に、所得と一緒に税務署へ申請します
病院にかかった領収書などの合計金額が10万円以上あれば、控除を受けることが出来ます
多くの病院は、領収書の再発行はしてくれませんから、小額でも大事にとっておくと良いですね
1回にかかる医療費はたとえ小額でも、家族全員の医療費を足せば結構な額になるものです


高額療養費は、保険組合に申請するものであり、税金とは関係ありません
同一月内に、自己負担額を超えている場合は、翌月でも申告可能です
簡単に言うと、高額な医療費に対して保険から戻ってくるものを高額療養費、税金から戻ってくるものを医療費控除といいます



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.