トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 歯列矯正について

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  歯列矯正について

子どもの歯並びが悪いので歯列矯正をさせようと思っていますが、とても高額です。高額療養費制度を利用できますか?



  

歯列矯正は健康保険が適用できないので、残念ながら高額療養費制度は利用できません。



最近の子ども達は、みんなモデルのように可愛い子が多い様に見えます
背が高いし足も長く、顔が小さいと思いませんか?


でも、顔が小さすぎるのも、問題があります
それは、歯並びです
顔が小さいと、必然的に顎も小さくなりますから、小さい顎に歯がきちんと並びきらないのだそうです


人間の歯というのは、あごの大きさに関係なく同じ本数の歯が生えます
生えてくる場所が狭いと、歯並びが悪くなるばかりではなく、噛み合わせの問題も出てきます
そして歯医者さんに行くと、歯列矯正を薦められます
私の知人は、歯医者さんで「少なくても50万円は、かかると思ってください」と言われたそうです


この歯列矯正の50万円、保険適用ではありません
ですから、残念ながら高額医療の請求は出来ません
もしも保険適用であれば、3割負担で15万円で済みますし、67,570円の高額療養費が還付されることになります


ちなみに、税金の医療費控除については、どうでしょうか?
このケースの場合は控除されます
なぜなら、子どもの成長を阻害しない様にする為の歯列矯正だからです
1年間、治療にかかった領収書を整理して、税務署に行きましょう
歯列矯正は、長い期間を要する治療ですので、毎年、医療費控除を申請しましょう
しかし、大人が美化の為に行う歯列矯正は、医療費控除の対象にはなららいので、気をつけてください



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.