トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 入院中の食事代について

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  入院中の食事代について

入院中の食事代は、どうして自己負担なのですか?



  

入院をした時は、部屋代や食事代など、自己負担分が結構かかりますね
これらは高額医療の対象ではありませんから、入院期間が長くなると負担も大きくなります
食事代は、どうして自己負担なのでしょうか
通常、私達は食事をするのが当たり前です
入院をしていなくても、食事を取るという行為は必要だという理由で、食事代は自己負担なのです


しかし、入院中の食事代は全額自己負担というわけではありません
入院中の食事代は、一般の方が支払う場合は1食260円です
しかし、実際に食事を作るには、材料費や人件費などがかかり、1食260円では出来ません
260円以上にかかっている経費については入院時の食事療養費として保険組合から支給されています


このように、保険組合は高額療養費だけではなく、様々な給付を行っています


アメリカでは、日本のような健康保険制度がありません
ですから、ちょっとした風邪や病気は、市販の薬で治すそうです
病気や出産で入院になると、かなり大変な出費になるようです
民間の保険も高額なので、加入していない人が多いのだそうです


日本のように、高額療養費制度といった制度もないのでしょうね
日本では、保険組合に加入する事は義務付けられています
保険証があるので、どこの病院でも安い費用でしっかりした治療が受けられるのが当然だと思えます
しかし、諸外国に比べて、日本の医療保険は非常にしっかりしているという事が分かります



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.