トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 出産時費用の高額療養費制度

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  出産時費用の高額療養費制度

出産でかかった費用にも高額療養費制度は適用されますか?


  

高額療養費制度は、負担金が限度額を超えた場合に適用されますが、
保険外の治療費は、これに含まれません
比較的高額な費用がかかるのに、保険外になるものの一つに出産費用があります


出産にかかる費用は、普通分娩で約30万円ほどです
さらに出産までに通院して定期健診を受ける費用が、約7〜8万円程度でしょうか
これらの費用は保険適用外なので、高額療養費制度が適用されません
つまり、出産は病気ではないという認識の為です


出産費用は経済的にかなりの負担になるので、不安に思われるかも知れません
しかし、出産の場合は「出産育児一時金」というものが還付されます
実際に分娩にかかった費用がいくらかに関わらず、
子どもひとりにつき一律35万円が支給されますので、忘れずに申請する様にしましょう


まだ、出産は正常な場合だけではありません
帝王切開でお産をした場合は、手術という医療行為になりますので、保険が適用されます
したがってこの費用は、高額療養費制度の支給対象となります


出産は経済的負担も大きい為に少子化が進むという問題が取り上げられてきました
しかし現在は、後日受け取るべき「出産育児一時金」を、医療機関が直接受け取れる制度もありますし、
確定申告で申請をすれば、医療費控除を受けて税金を還付する事もできます


出産時は色々不安になるものですが、出産する妊婦さんにとってストレスは大敵です
これらの制度を上手に利用することによって、少しでもストレスをなくしましょう


サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.