トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 申請の条件について

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額医療申請の条件について

一定以上の金額を病院に支払ったときは必ず高額療養費制度を利用できるのではないのですか?



  

高額療養費制度を利用するためには、医療費が自己負担額を超えていることが条件ですが、それ以前にもっと基本的で大事なことがあります
それは、当たり前ですが、健康保険組合に加入してるということです
これが、高額療養費制度を申請するために絶対必要な必須条件です


健康保険でも社会健康保険の場合は、保険料は給与から差し引かれるので、滞納する心配はありません
しかし、国民健康保険の場合は、役所に保険料を納付しなければなりません
納付方法は銀行口座などからの口座振替や、銀行振り込みなどがあります
最近は、コンビニから振り込むコンビニ収納が出来る自治体もありますね
自分の生活スタイルにあった方法を選べるようになりました


これらの納付を怠ると、高額な医療費がかかっても、高額療養費が還付されなくなってしまいます
それどころか、病院にかかって健康保険適用の治療を受けても、全額自己負担になってしまいます


保険組合に加入しているおかげで3割負担で済む医療費は、全額自己負担とは雲泥の差です


自治体によっては、相談すれば、少々さかのぼって保険組合に加入させてくれるところもあるようです
このような事にならないためにも、保険料は必ず納付しましょう



サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.