トップイメージ

高額療養費制度 疑問と解決 高額療養費の立替

病気になったときには病院へ行きますが、思わぬ医療費がかかる病気があります
自分で払いきれないような高額療養費で途方にくれる前に、色々な制度を利用することを考えましょう


  高額療養費の立替について

高額療養費制度を利用したいのですが、一度自費で払ってから出ないと駄目でしょうか?
高額の場合は自分で立て替えることが出来ません


  

突然、家族が入院する事になったら、いろいろな不安が募ることでしょう
どのような治療や手術をし、治療費がいくらぐらいかかるのかは、あらかじめ病院で調べておきたいです


入院費用が高額になりそうな場合は、高額療養費制度を利用しましょう


高額療養費制度を利用するには、二通りの方法があります
まず一つは、一度病院に治療費を支払った後、健康保険組合に高額療養費申請をして高額療養費にあたる分を還付してもらう方法です
ただしこの場合、気を付けないといけないのは、先に自分で治療費を支払わないと還付されないという点です
還付されるのは、申請してから約3〜4ヶ月かかります


治療費が何10万円、何100万円単位になるようならば、もう一つの方法で、高額療養費制度を利用するのが良いでしょう
これを、「健康保険限度額適用認定申請」といい、次のような方法で還付を受けることができます
 1.健康保険組合に認定証の申請を行って、認定証を発行してもらいます
 2.認定証を病院に提示します
  そうすれば、自分で病院へ支払う医療費は、限度額以内の治療費となります
 3.高額療養費にあたる分は、保険組合が直接、病院へ支払います
この方法は、2007年4月から確定された制度です
このおかげで一度自分で多額の現金を用意して病院へ支払いする必要がなくなりました
ただし、入院が決まった時点で申請をしなくてはいけませんので、この点に注意しましょう

高額療養費制度を利用できるのは、健康保険組合に加入している本人(または家族)が対象です
健康保険制度に、このような仕組みがある事を、知らない人が多いようです
安心して治療が受けられる様に、知っておくと便利です




サイトメニュー

Copyright (C) 2007 高額療養費制度の疑問と解決. All Rights Reserved.